住まいの学校その⑤

 住宅の性能の考え方

●住まいの性能を決める指標

 

家づくりは外観の仕上げ、内装、間取りに目を向けがちですが

 

家に住んで生活し過ごすことをお忘れではないでしょうか

 

快適に安全に安心して暮らせる「性能」が重要です

 

なぜなら、住まいの住み心地や安全性は「性能」に大きく左右されるからです

 

性能の指標にはさまざまなものがありますが

 

特に数値化しやすく、比較検討しやすいのは次の3種類です

また
エネルギーに関する先進的な指標として注目を集めているのが、次のふたつです

 

●一次エネルギー消費量:建物全体のエネルギー消費量をあらわす数値です

 

●エネルギーパス:快適な室内温度などを保つために必要なエネルギー量を示す
 

車でも燃費があり低燃費を重宝すように「家の燃費」のような数値です

そのほか、「遮音性能」や「耐火性能」などさまざまな指標があります

業者の担当者と打ち合わせながら、どの性能を重要視するか決めていきましょう

 

また
シックハウス対策やバリアフリーなど、健康面への配慮も重要です

●税制優遇も受けられる「長期優良住宅」


「耐震性」や「劣化対策」など、国の定める基準を満たした住宅は
申請することで「長期優良住宅」として認定されます

 

高い水準の安全性・快適性が保証されるだけでなく、税制優遇を受けれます

 

●家が安くても、「燃費」が悪いと結局割高?


「建築家」に設計してもらうなら、工務店か建築設計事務所

 

「建築家」=「設計事務所」と考えますが、工務店でも外部の建築家に依頼出来ます
打合せ、ヒヤリングは建築家と直接しますから、十分にお客様のこだわりを伝える事が出来ます
建築家との付き合いは家づくりの建てるまでですが
工務店との付き合いは全工程から完成してからのアフターケアも続きます

 

設計事務所と工務店、建築家と工務店、バランスのいい考え方かもしれません

NAロゴグレー-02.png
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2018 FANS HOME