住まいの学校その①

家づくりプランニングの重要性

家づくりは『計画』から始まり
そして「現場を見てイメージを固める」ことが大切なのです

 

家づくりは一生に一度の大きな買い物。「失敗はしたくない」

 

家づくりを考えて行動する。まずは何が必要でしょうか・・・

 

家づくりに失敗しないために『計画』が重要になります。

 

注文住宅にしろ
分譲住宅にしろ失敗しないために
プランニング『計画』が重要です

 

ただ
家づくりのこだわりポイントはたくさんあり過ぎて「どこを優先して考えればいいのか?」
と悩まれて家づくりにつかれた、と言う方もすくなくありません
悩まれて計画もないままに建築雑誌などを購入され
それが自分のイメージと「ピタッと」合えば幸せですがそんな方は、ほとんどおられません・・

 

「Don’t think. feel!」

 

有名なセリフです「考えるな 感じろ」です

 

見学会などで、肌で感じてイメージし固める

 

●「見学会に行ったら、売り込みされそう」
●「どうせモデル通りにできるわけじゃないし」
●「自分のイメージと違う家を見てもしょうがない」

 

そんな風に思っていませんか?

 

しかし
家づくりでは、まず「現場を見てイメージを固める」ことが大切なのです
『計画』を立てイメージを作る・・・
イメージがないままに建築雑誌を読んでもそれが正しいか
自分の好みなのかわからなくなってしまいます
わかりやすいのはインテリアに現れたりします
それが細かな部分までイメージを固める早道かもしれません

 

そして、見学会など足を運んで
「どんな家が作られてるのか」
「どんな人たちが家づくりをしているのか」
「自分たちはどんな家づくりをしたいのか」
「家づくりにはどんな人たちに手伝ってもらいたいか」

 

とイメージが固まってきます

 

計画しイメージを固め最後は

 

『人』を見る・・・人のイメージは大切です

どれだけ工場で作ってる会社でも
どれほど機械化自動化が進んでも

これから先の未来でも家づくりは

「人」が作ります

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2018 FANS HOME